イマジネーションテレフォンセックス


これまでテレフォンセックスを色々な視点から検証して来ましたが、テレフォンセックスを客観的端的に表現するなら、「電話で互いの声を確かめ合いながらの自慰行為」と何とも素っ気ない一文で語ってしまいがちです。

確かに個々が自慰行為に及んでいるのは事実ですが、それをさも相手と愛撫し合っている風な錯覚で行う事に、テレフォンセックスの醍醐味があるのです。

テレフォンセックスで最も重要なのが相続力だと再三言っているのは、この点を指しているのです。

特に女性としては、自分に愛撫を施しているのは紛れも無く自分自身ですかが、受話器から聴こえる相手の声と話術で、さも第三者から愛されている錯覚に陥る事が出来るのが、テレフォンセックスなのです。

他人にされている感覚の方が、自身が行うよりも遥かに大きな快感を得る事が出来るでしょう。

それを左右するのが、イマジネ−ション=想像力、なのです。

男性の義務は、相手の女性の想像力を最大限大きく膨らませ活性化してあげる事であり、それがテレフォンセックスで最も必要な男性側のいわば技術なのです。

言い切ってしまえば、相続力が豊かな人ほど、テレフォンセックスを堪能出来る、という訳です。

これが相続力が乏しい人になると、想像力豊かな人のそれとは全く別モノのテレフォンセックスにとどまってしまいます。

女性の想像力を最大限ヘルプして、更に大きな刺激をかき立ててあげられる話術を駆使する事が、男性に求められるのがテレフォンセックスという性的プレイ、なのです。

テレフォンセックスの魅力的なプレイ

先に、テレフォンセックスには2通りの状況が存在する事をお話しましたが、ここで再確認しておくと、それは「最初からテレフォンセックスすると合意の上で始める」ケ−スと、「何となく会話の流れから結果テレフォンセックスに発展した」という場合です。

このうち前者=予告約束の上で行う場合、相手がどんなテレフォンセックスを希望しているのかも事前確認すべきです。

それも「今度のテレフォンセックスはどんな風にしようか?」的な安直な質問では無く、普段交わしている会話を通じ、アナタ自身のテレフォンセックスの嗜好を相手に伝え、同時に相手の嗜好も掴んでおくのです。

だからこそ、出会い系サイトで知り合った相手とのやりとりに於いては、相手の性癖を確実に掴み理解しておく事が重要と言えるのです。

そして同時に、自身の性癖もさり気なく相手にインプットして行くのです。

テレフォンセックスは想像力の世界ですから、双方が相手の情報を事前に有しておくべきなのです。

テレフォンセックスでは、それぞれの頭の中で、相手と身体を重ねる訳ですから、いかに相手の想像力を大きく膨らませてあげ、また相手が悦びを感じる言葉を投げかけてあげるのかが大切になって来ます。

相手が望むテレフォンセックスを満足させてあげるために、何が必要なのか・・・これが頭に入っていないと、互いが十分満足出来ないのが、テレフォンセックスなのです。

最も早くテレホンセックスでエッチな気分になれるのはこちらとなっています!!